県民幸福度一位の長野で建売住宅を購入しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建売住宅イメージ

建売住宅を買う、というのは一生で一度の買い物と言われる位大きなイベントです。
車やバイク、趣味のものなど高価なものはあれど、お家程の値段がするものは早々ありません。

そんな大事な決断ですから、もちろん家のデザインなどもそうですが「場所」に関してはより一層細かく気にするべきと言えます。
そして全国各地様々な地域に建売住宅がある中で、最もお勧めしたい地域なのが長野県です。
いったいなぜ長野県が建売住宅を購入するのに良いと言えるのか?
今回は建売住宅を購入するのに長野県がおススメである理由について解説していきたいと思います。

建売住宅を購入するということ

「家を買う」というのは多くの場合、単純に建物を購入するだけではありません。
建売住宅を購入した後は、そこに長い間住み続けるのが一般的です。
従って購入を検討する時は家の機能であったり、デザインであったり、値段であったり…、建物そのものだけでなく、周りの環境も考える必要があります。

自分好みのデザインと内装で、建物代も土地代も自分の考えていた予算内で抑えることができる物件があったとしても、自分のライフスタイルに合わない地域で購入してしまえば、その後の生活で建売住宅を購入したことを後悔することになるのです。

例えば小さいお子さん複数いる子育て世帯が、保育園が足りていなかったり、子供に対する医療費の助成の無い地域の建売住宅を購入するのは、あまり良い選択とは言えませんよね。
都市部の騒がしくも先進的な雰囲気が好きな方ならば、自然豊かないわゆる「田舎」の土地柄が合わないでしょう。

建売住宅を購入するということは、決して「家」というモノを買うだけでなく、これからの「生活そのもの」を購入するということに繋がります。
自分や家族がこれからそこに住むということは、これから数十年間は地域のルールや環境に順応して生活していくということ。

そうした環境やルールを無視してよく考えずに建売住宅を購入してしまえば
「ここにしなければよかった」
「もっと他の場所も見るべきだった」
「別のところならもっと良い環境があった」
などなど、取り返すことのできない後悔に苛まれることになります。

そうならないためにも、建売住宅を購入する際は建物そのものだけでなく、その地域の特色や環境をきちんと把握して慎重に検討することが大事です。

長野県は全国で幸福度No.1を獲得した地域

建売住宅を購入する上で最もおすすめしたいのは長野県になります。
というのも長野県は日本総合研究所による調査で2013年に幸福度ランキングNo.1を獲得し、その後も上位に名を連ね続けている地域だからです。

この調査によると健康や仕事、日常生活や教育などの部門で1位を取り、総合部門でも全国No.1となっています。

これだけ多くの部門で「自分は幸せだ」と感じられる環境というのは、いわずもがな腰を据えるのに十分過ぎる素晴らしい地域です。
上記でも詳しく解説したように、建売住宅を購入するのはそこがゴールではなく、その後の生活を考えることが大切です。
その地域の生活環境が自分に合うか、仕事はあるのか、医療や子育て制度は充実しているのか…、様々な不安要素があると思います。

長野県はそんな不安を取り除いてくれる地域であり、非常に住みやすいということが数字に表れているのです。
「長野県に住んでてよかった」
「こんなに過ごしやすい地域は他にありません」
「県民のことを考えてくれている」
などなど、様々な声があります。

もちろんこれは長野県の県知事を始めとする行政職員が、県民の暮らしを如何に快適にするかを考えて行動し続けてくれたおかげでもあります。
健康増進のための減塩運動や、医療費の大幅助成など様々な活動を続けたことで、多くの県民の幸福度を得ることができたのです。

長野県でなら建売住宅を購入した後の生活も、より良いものになることが予想されます。
これが長野県で建売住宅の購入をおススメする大きな理由です。

[PR]長野市で建売住宅を選ぶならエイチプラスエルハウス

長野県は子育て世代が過ごしやすい県

上記の幸福度に繋がることですが、長野県で建売住宅を購入するのは子育て世代に大きなメリットがあります。
長野県ではほとんどの自治体が子育て支援やサポートをおこなっており、何かと話題になる待機児童問題や医療費に関する制度などにも対応してるのです。
中学生までは医療費が基本的に無料(最大でも手出しは500円まで)であったり、子育てに関するアドバイスやフォローをする相談センターが各地に設置されていたり、人口に対して多めの保育所を開園していたりと、尽力しています。

日本の未来を担う子供達の支援に対しての対応が間に合っていない地域が多々ある中で、ここまで育児のしやすい環境が用意されているというのは、子育て世代にとって非常に魅力的です。
現在では県外からそうした長野県の環境を求めて移住してくる人達が増加傾向にあります。
そして数ヶ月~数年かけて長野県の良さを知り、そして建売住宅を購入する方というのが多いです。

また最近はそうした県外からの移住者をサポートをする運動も開始されており、長野県内の仕事の斡旋や安価で借りられる賃貸などを紹介してくれます。

「知らない土地に行くのが不安」
「新しところでだと右も左も分からない」
といった移住に関する不安も解消してくれるのです。

いくら良い条件や環境があっても、知らない土地に行くのは誰だって不安なもの。
そうした人たちの不安を解消し、少しでも多くの人に長野県の良さを広めたいと考えているのです。

まとめ

今回は長野県で建売住宅を買うのがおススメである理由について解説させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
長野県は幸福度が全国で一番高く、それは地域の人とのつながり方や都会にはない人の暖かさを感じられること、また子育てのしやすい環境作りを県全体で取り組んでいるからだということが分かりました。

建売住宅を買う、というのはこれからそこでずっと生活をしていくということ。
一生に一度の買い物だからこそ、慎重に、そして良いところを選ばなければなりません。
ぜひ本記事を参考に長野県の良さを感じ、建売住宅を購入する際の判断材料として役立てて頂ければと思います。

新築建売ではなくリフォームなら下記の会社もおすすめ致します。

〇長野市のリノベーション・リフォーム

長野市でリフォームのことなら「こまつ工房」(https://www.komatsu-koubou.jp/)

〇千曲市のリノベーション・リフォーム

千曲市でリフォームの事なら更埴トーヨー住器(https://www.kou2020syokutoyo.com/)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加