上田市で新築の住宅を購入するなら押さえたいステキな家をつくる工務店おすすめ4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
家イメージ

 

国際会議観光都市として定められている長野県上田市は、長野県内で3番目の規模を誇る都市です。

ドラマやアニメ映画の舞台になり一躍有名となったこの上田市に住宅購入を考えている人も少なくありません。

他の市と比べても過ごしやすさはお墨付きであるこの地域に、居を据えようと考えるのはごく自然なことの様にも思えます。

そんな住宅購入を検討する際に考えなければならないのは、それを依頼する工務店です。

上田市内でも工務店は数十件を超えており、どこにお願いすれば良いのか分からない…という人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は上田市にある工務店の中から、住宅購入を検討する際に押さえておきたい工務店についてそれぞれの特徴を交えながらご紹介させて頂きたいと思います。

上田の石井工務店

誠実でクライアント一人一人にしっかりと向き合った仕事が、非常に高い評価を博している『石井工務店』。
全社員を合わせても8名という小規模な工務店ながら、その人気は絶大です。
新規のお客様が2割、残りが全てリピーターという驚異のリピート率を誇るこの工務店は、とにかく地元住民からの信頼が厚く、安心して住宅作りを任せられます。

また新規の顧客に至っても、そのほぼ全てが紹介や口コミによるもの。
社員の少なさから営業専門の人間を作ることができないながらも、その丁寧な仕事ぶりが評価され、どんどん石井工務店の好評判が広まっていったのです。

全社員が一丸となって新築住宅を手掛けても年間で最大10棟が限界であるとホームページでも公表しているのですが、その理由がまた凄いんです。

「今の質を落としてまで数を増やそうとは思わない」

まさに職人と呼べる心意気。
そしてそれを証明する腕の良さに、多くのお客様が満足しています。

一生のパートナーとしての付き合い

石井工務店の顧客のほとんどがリピーターである理由はただ一つ。
それはクライアントに対して常に気を配り続け、その後のアフターフォローに力をいれているからです。

手すり一本をつけるだけ、雨樋を掃除するだけ…。
些細なことでもすぐに駆け付けて対応してくれるという仕事の速さと親切さに、心を討たれるクライアントが多いのです。
もちろんリフォームや増改築といったことにも対応しており、まさに「住まいのかかりつけ医」の様な存在となっています。
「困ったことがあれば石井工務店に」と思ってもらえることが嬉しいと、代表の言葉にもありました。

新築を建てて終わりではなく、その後の生活にも頼れるパートナーが欲しいなら
石井工務店への相談をおススメ致します!

URL:http://ishii-k.wda.jp/

下倉建設

上田市で50余年に渡り、クライアントの希望する木造住宅を建築し続けている歴史と由緒のある「下倉建設」。
住宅の商品化や価格競争への対抗を跳ね除け、その腕の良さを武器に今なお前線で活躍しています。
「一邸入魂」を合言葉に、住宅一つ一つに対して真剣に向き合い、満足度の高い住まいを提供してくれることに定評があるのです。

さらに木造建築で在来工法と呼ばれる建築工法を用いて作られている住まいであるため、耐震性も高くなっています。
在来工法は日本で昔から使われている伝統工法から生み出されたもので、柱と梁を組み合わあせて建造物を組み立てるものです。
現代では金物等が改良されてきたため、これらと組み合わせることで高い耐震性が保証される様になりました。
昔ながらの落ち着いた家を購入したい方には、ピッタリと言えるでしょう。

URL:https://stkr21.amebaownd.com/

上田 矢島工務店

「木を使い、木を選び、環境と健康に良い家造り」をコンセプトに掲げる矢島工務店は、過ごしやすい生活空間にこだわりを持つ工務店です。
伝統的な在来工法に加えて、通気断熱WB工法と呼ばれる建築工法を採用しています。

通気断熱WB工法とは?

壁の中の空気を循環させることによって、夏場の熱気を常に和らげてくれます。
エアコンを使用しなくても過ごせるほどの快適な温度を保ってくれるこの性質は、日々の光熱費を削減してくれる効果も期待できるものです。

また空気が常に流れる効果によって、湿気が籠ってカビ等が発生してしまう原因を除去することが可能になります。
木造建築において最も頭を悩ませる点を、このWB工法によって解消することができるのです。

さらに通気断熱WB工法は寒さに対しても大きな効果を発揮します。
温度によって反応を示す形状記憶合金が各通気口に設置されており、この形状記憶合金は寒い時は伸びて、暑い時は縮む性質があるのです。

つまり外が寒くなれば伸びた形状記憶合金がしっかりと通気口からの冷気を遮断してくれるようになります。
これによって空気の流れを抑えて、温かい室内を保つことが可能になるのです。

暑い時は涼しく、寒い時は暖かく…、そんな夢の様な住宅を可能にする工法が通気断熱WB工法なのです。

木造の家に住みつつ、機能性も充実した家を造りたいと考えるならば
矢島工務店に相談してみると良いかもしれませんね。

URL:http://www.yajimakoumuten.net/

高寺工務店

明治41年に初代である高寺留重氏が創業した「高寺工務店」は、100年以上続く老舗の工務店です。
非常に歴史のあるこの工務店の特徴は、何といっても一人四役を兼ねる総合力にあります。

工務店に限らず、通常の企業というのはそれぞれ分担が分けられているもの。
工務店で言えば営業、設計士、大工、現場監督など、それぞれの役割を持つ人がいる、というのが当たり前です。

しかし高寺工務店はこの4つを、ある一人の人間が行います。
それが4代目当主「高寺 匠」氏です。
全建総連青年技能競技大会において銀賞を受賞した経験を持ちながらも、設計士として非常に優秀な腕前の持ち主。

顧客の求めるデザインを形にして、あらゆるニーズに応えてくれる姿勢に高い評価が集まっています。
「自分が住みたいと思う家造り」をモットーに、常に自分がワクワクする新しい刺激のある家を想像しているのです。

また全国で銀賞を受賞するほどの腕前を、大工としての仕事に生かし、品質の高い住宅を提供しています。
大工として現場に入る事で、現場の人間にしか見えない部分をしっかりと確認できたり、足を運んできたクライアント様との意見交換をしたり、新しい要望があれば即設計士として対応が可能だったりと、沢山のメリットがあります。

建築におけるほぼ全ての要素に関わることによって、どんな細かなことでも見落とさず、急な要望にも応えられる家造りが可能になっているのです。

全国的に見ても一人で四役もこなす代表は早々お目に掛かれません。
しかしこれは4代目の実力があってこそできる、上田、高寺工務店の強みです。

一生に一度の買い物とされる住宅の購入は誰しもが絶対に満足のいくものを建てたいと思うもの。
そんな気持ちに事細かく答えてくれるのは、4代目のあらゆる分野における知識があるからです。
自分の理想の住まいをより完璧に仕上げたい、心から満足のいくものにしたいと考えるならば、一度高寺工務店への相談をおススメ致します!

URL:http://takatera-k.com/

まとめ

今回は長野県の上田市で住宅購入を検討する上で押さえておきたい工務店について紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。
住宅購入で大切なのは信頼できる工務店を見つけられるかどうかという点になります。
一生に一度の買い物を任せるに値するところなのかをしっかりと見極める必要があるのです。

上田での新築、住宅購入で迷っている方は一度本記事を参考に、自分に合う工務店探しから始めてみてはいかがでしょうか。
後悔することのない住まいづくりを心から応援しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加