諏訪市は保育園の待機児童ゼロ!住宅の購入なら子育てしやすい諏訪市は魅力的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
建売住宅イメージ

近年、長野県諏訪市の建売住宅がどんどん売れ始めているのをご存知でしょうか?
家の購入といえば一生に一度の買い物。

建物のデザインや内装はもちろんですが、購入する地域というのはさらに大切です。


地域の環境は今後の生活を左右することになるわけですから、良い場所を選びたいと言うのは当然のことでしょう。

そんな建売住宅を購入する「場所」や「環境」にこだわる人達が、諏訪市を選んでいるのです。

いったいなぜそうした注目が集まっているのか。

今回は長野県諏訪市の魅力をいくつか紹介しつつ、住み替えや建売住宅を購入するメリットについて解説していきたいと思います。

諏訪市は子育てや妊娠に関する制度が充実している

少子高齢化社会が進んでいく日本では、まだまだ子育て環境の改善に尽力してくれる自治体は少ないです。

子供を生んでも育てられる環境が整っていなければ出生率はあがりません。
近年は多くの方が「子供は欲しいけど育てられる環境じゃない」と言います。
出生後の子育てに対する不安が、少子化をさらに加速させてしまっているのです。

しかし、長野県諏訪市では子育ての支援や活動を自治体が総力を挙げておこなっています。

子供を育てやすい環境として実績のあるこの地域は、県外からも多くの子育て世帯を受け入れているのです。
こうした経緯から長野県諏訪市で腰を据えて生活をしようと、建売住宅を購入する方が増えてきています。

諏訪市の保育園は待機児童ゼロ

都市部や人口の多い地域で、近年問題になり続けている待機児童問題。
全国的に見ても夫婦の共働き世帯というのは夫婦世帯全体のおおよそ6割程となっており、仕事をしたいから子供を預けたいという人がどんどん増えている状態で、保育園が足りなくなっているという理由も頷けます。

子育てのために必要なお金を稼ぐために働きたくても、子供を預けられないから働けない、働けないから生活が苦しくなる…という負のスパイラルです。

このような問題を起こさない様、長野県諏訪市では人口に対して多めの保育園設置が行われており、現在も待機児童はゼロを記録しています。

諏訪市の保育園の数は公立13園、私立が2園となっていて、いずれも諏訪市から設定された保育の認定基準をクリアしたものとなっているのも特徴。

もちろん保育園だけでなく、幼稚園や福祉大保育園なども点在しており、子育てのしやすい環境が準備されています。
この様に長野県諏訪市では男性も女性も安心して働ける様に、自治体で全力サポートしているのです。

医療費の助成制度が諏訪市は義務教育終了まである

諏訪市では0歳から中学校を卒業するまで、医療費の助成を受けることができます。
一つの医療機関につき自己負担金500円で、支払った医療費が全て後から給付されるのです。

子供はまだ免疫が弱く、風邪を始めとする様々な病気やウイルスに感染しやすくなっています。

そのため病院で検査を受けたり、予防接種やワクチン接種を受けることも多くなりますが、その都度検査費用や薬代が掛かってしまうと、生活を圧迫しかねません。
とは言え大切な子供の健康に関わることですから、病院に行かずに放置しておくことはできませんし、保育所などに預けることができなくなります。

そんな中でこうした医療費の助成があるというのは非常にありがたいことです。
どうしても金銭的な負担になってしまいがちな子供の医療費を、月額500円で賄えるというのは嬉しい制度という他ありません。
子供に苦しい思いをさせなくて済むのは、どの親御さんにとっても嬉しいことですよね。

ファミリーサポートセンター事業

長野県諏訪市ではファミリーサポートセンター事業という子育てを応援するための事業があります。
この事業では子供を預けたいという人と、それを支援したいという人のマッチングを行います。
対象年齢は3ヶ月から小学6年生までとなっており、朝7時から夜9時まで可能となっています。

子供を預けられる内容としては
・求職活動や短時間就労といった仕事等による場合
・保育園や幼稚園などが休みの場合
・保護者が病気やけがで育児に専念できない場合
・冠婚葬祭など子供を酸化させるのが難しい行事がある場合
・子供が病気で保育園や幼稚園に預けられず仕事に行かなければいけない場合
・なんらかの理由でお泊りが必要な時

などなど、相談内容によっては上記以外の場合でも可能です。
休養の場合や育児の疲れを癒したい時などに利用することを推奨しており、多くの住民が利用しています。

地域の遊び場として開館している諏訪市児童センター

0歳から18歳までの子供と、子供たちの保護者全員が利用できる地域の遊び場であり、交流の場となるのが児童センターです。

施設の環境や設備が非常に充実しており、様々な遊びや勉強を体験することができます。
図書室や工作が楽しめる部屋、バトミントンやドッジボールなどができる部屋、バンド活動ができる部屋など、全年齢対象の遊び場なです。

利用には簡単な登録を済ませれば、誰でも利用することができます。
近年は子供たちが遊べる場所が減ってきているとされていますが、長野県諏訪市ではこうした施設を市が運営することによって子供たちに遊ぶ場所を提供して、のびのびと育てられる環境を維持しているのです。

まとめ

今回は長野県諏訪市で建売住宅が売れている理由と子育て環境の関連性について解説致しましたが、いかがでしたでしょうか。

建売住宅を購入する、というのは一生ものの買い物であり、大切なのは購入した後の生活です。
諏訪市は自治体による子育て環境の整備を徹底して行うことで、多くの子育て世帯の方が過ごしやすく住みやすい環境を作っていると言えます。

今回は子育てに関する部分をピックアップしてご紹介しましたが、もちろん観光地としての魅力や、温泉、企業支援といった様々な魅力もあります。

こうした魅力溢れる地域だからこそ
「住みやすい環境だから建売住宅を購入したい」
「諏訪市なら子育てがしやすそうだ」
「自然あふれる地域でのびのび子供と過ごしたい」

といった考えを持つ方が増え、建売住宅がどんどん購入されているのです。
建売住宅の購入を検討している方は、ぜひ本記事を参考に諏訪市での購入を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

[PR]エイチプラスエルハウス 諏訪の建売住宅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加